実施例会(2013年度)

落語尾張旭・瀬戸おやこ劇場 合同例会 笑福亭鶴笑のパペット落語

漫才などの演芸におされ、落語という伝統芸能が、すこしづつ廃れていく。そんな危機感を抱きながら落語を続けていた鶴笑。若い人からお年寄りまで、みんなに楽しんでもらえる落語ができたら….。そんな思いであみ出した落語が、このパペット落語です。今までの落語をよりビジュアル的に楽しめる。言葉の壁をなくし、世界の人々にも見てもらえる。

世代を超えた落語の発展と国境を超えた世界を目指し、パペット落語は誕生しました。おかげさまで今までいろんなメディアに紹介していただきました。 ”子どもからお年寄りまで、ミジンコからシロナガスクジラまで類人猿から火星人までみなさまに喜んでいただいております。”(鶴笑)”あ、あ、アホだ!”(by天国の六代目)

 

あらしのよるに 演劇人 冒険舎

あらしのよるに 演劇人 冒険舎

「あらしのよるに」に出合ったオオカミのカブとヤギのメイは、ほんとうに友だちになれるのでしょうか。ほんとうの友情とか愛情がうまれるためには、何が必要なのでしょうか。たぶん相手を思いやる心、信じる心かもしれません。

仲よくなんかなれないものどうしが仲よくなるためには、きっといっぱい試練を乗り越えていかなければならないことでしょう。そこには何かひじょうに大きな力が求められますね。それは希望と勇気と愛かもしれません。

(構成・台本・演出/三樹 健)

 

おとぎの国のゆうびん屋さん よろず劇場とんがらし

おとぎの国のゆうびん屋さん よろず劇場とんがらし

「よろず劇場とんがらし」は、全国のおやこ劇場子ども劇場、幼稚園、保育園を中心に年間180ステージを越える公演活動をしている、一人芝居の専門人形劇団です。10年間の保育者としての経験を生かし、子どもたちとの心のふれあいを大切にしています。年齢の垣根を越えて楽しめる作品をお届けしています。

第8回日本人形劇大賞 銀賞(おとぎの国のゆうびん屋さん)「おとぎの国のゆうびん屋さん」は、夢をなくしたゆうびん屋さんが、夢を取り戻すためにおとぎの世界へ手紙を届けるおはなしです。

「ウサギとカメ」「シンデレラ」「3匹の子ぶた」など、よく知っているお話が次々と
登場する欲張りな作品です。子どもたちの心にもあたたかい手紙が届きます。

 

左手のピアニスト智内 威雄(ちないたけお)

左手のピアニスト智内 威雄(ちないたけお)

ハノーバー音楽大学(ドイツ)留学中、数々の賞に輝くも、右手にジストニアを発症し、リハビリに専念。その後、左手のみで行った室内楽の卒業試験にて満場一致での最優秀成績を収める。現在は「左手のピアニスト」として左手楽曲の魅力を広めるため、国内外で活躍している。弱点を長所にすることで新境地を見出しました。

左手だからこそ出せる音楽と、困難に立ち向かいあきらめないことの大切さを名曲をとおして語ります。

演奏にあたって・・・
小さな部屋から大きな会場まで、小さなピアノから大きなピアノまで。その空間でしか生まれない音を大切に、素敵な時間を皆様と共有できればと思います。
(智内威雄)

 

怪談日本むかし話 (藝溜 六栁庵げいだまりりくりゅうあん) 平松千恵子唄がたり

怪談日本むかし話 (藝溜 六栁庵げいだまりりくりゅうあん) 平松千恵子唄がたり

長野県諏訪市出身 お茶の水女子大学・児童学科卒業。

ひとり語りの鬼才、安藤俊子に出合い、ひとり語りの世界へ。安藤俊子が他界した後、六栁庵やその端唄の内弟子となり、子ども・おやこ劇場の公演スタッフとして参加。2011年4月より六栁庵やそ病気療養のため独演作品を上演。同時に、舞台やライブハウス等でひとり語りを行う。

「アラビアン・ナイト」や小泉八雲の怪談など、古典から現代の世相を風刺した創作ものまで、独自の語り口で演じる異才。

 

チップとチョコ  人形劇団 ひぽぽたあむ

チップとチョコ  人形劇団 ひぽぽたあむ

どんなことに出逢ってもめげない、あきらめない!大丈夫大丈夫。小さな兄妹はおとなたちの見守るなか、自分たちで考え助け合って生き生きと突き進みます。

人形も舞台もお話も、どこか懐かしくてそして新鮮。片手使いの人形劇ならではの細やかで暖かな世界です。ご覧になっている皆様の中には、ふたりが人形だったことをうっかり忘れてしまう方も!

大人はもちろん小さい人も安心してられる人形劇です。

最後の注

 

年間例会計画

 \\\\\\\   〈2014年度〉の例会タイムテーブルへはコチラから
 \\\\\\\   〈2012年度〉の例会タイムテーブルへはコチラから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>