2020年9月6日(日)合同例会TEAMパフォーマンスラボさんによる「粕尾将一の世界一の縄跳びショータイム」

『TEAMパフォーマンスラボ粕尾将一さんによる縄跳び例会』

 

9月6日(日)の午後尾張旭市東部市民センターにて久々の例会が行われました。

今回は元シルク・ド・ソレイユの演者経験を持つ粕尾将一さんによる縄跳びパフォーマンスを見ました。

13時過ぎ、スーツケース片手に身軽に会場入りされたまっちゃんこと粕尾将一さん。(なぜまっちゃんなのだろう。。。)会場の設営なども一切なく縄跳びと音響のみで創られる今回の舞台。会場はやんやん、はあと、もぐもぐによる装飾とブルーシートの桟敷のみというシンプルなものでした。

受付前の看板も素敵です。

14時20分、会員は受付を済ませて桟敷へ。出だしのちょっとしたハプニングもまっちゃんの機転で笑いにしてくださり、仕切り直してスイミー初のお約束。

その後ショーは始まります。目の前で次々と繰り広げられる難易度の高いコンビネーション技の数々。4重跳び5重跳び、バク転、側転とまっちゃんはダイナミックな技を縄が風を切る音や縄が床を打つ小気味よい音とともに魅せてくれます。途中子供たちを巻き込んでの楽しいやり取りもありました。

その後子供たちのリクエストに応えて身近な跳び方を解説付きで跳んで下さったり、まっちゃんが跳んだ技の名前を当てたりしながら縄跳びの技について楽しく教えていただきました。

まっちゃんは低学年の頃は縄跳びが特別うまかったわけではなかったそうです。小学校3年生の時にたまたま1回だけ跳べた二重跳びが嬉しくてうれしくて、縄跳びが大好きになりそこからコツコツ練習を重ね徐々に大きな大会に出場し遂には世界大会にまで出場することになったそうです。そこでアメリカのシルク・ド・ソレイユから声がかかりアメリカでの生活が始とのことでした。英語も話せない状態から現地にて自身であらゆることをこなすうちに最後は英語で喧嘩までできるようになったそうです。あらゆることの上達やどこでも生きていける自信も原点は『好き』にある。『好き』はすごいことですね。

一通り公演が終わった後は私たちおやこのメンバーも縄跳びを跳んでみることに。

大人も子供もまっちゃんにコツを教えてもらいながら『できたね。』と認めてもらえた時には誇らしげな顔をしていました。

実技を楽しんだ後は質疑応答の時間です。

食べ物の好き嫌いから。技の好き嫌い。シルク・ド・ソレイユ入団を決めた理由等々質問は多岐にわたりました。その中で印象に残ったのは、シルク・ド・ソレイユ入団後の練習時間です。入団後まっちゃんは1日30分しか練習をしなかったそうです。その理由はアメリカのプロの世界では練習する=まだ練習を必要とするレベルにある。とみなされるからだというのです。これには驚きました。日本では練習=向上心があるとみなされるという考えとの違いを感じました。

気さくでユーモアたっぷりのまっちゃんに質問が次々と投げかけられ興味深く楽しい時間を過ごすことができました。

色々と今までと違った生活様式を強いられてどこか疲れもたまっていた折、縄跳びを極めたまっちゃんの素晴らしい演技を生で見られて自らも実際に跳んで汗を流し1つの道を究めることについて楽しくお話を伺えたことは気持ちもスッキリとし、まさにこの時期にぴったりの例会だったと思いました。また子供に色々な『本物』を触れさせる機会をいただけてありがたいなと改めて感じた例会でもありました。

 

2020年9月6日(日)TEAMパフォーマンスラボさんによる「粕尾将一の世界一の縄跳びショータイム」事前交流会

長い長い自粛期間を経て、夏休み最後の土曜日に予定していた今回の事前はあいにくの雨で延期となり、8月終わりの29日土曜の夕方、南公園に30人ほど集まることができました。

 

17時ごろから徐々に集まり始め、久々の再開に近況を報告しあったり縄跳びや遊具で遊んだりとそれぞれが30分ほど思い思いの時間を楽しんでいました。

メンバーが揃ったところで二手に分かれて大縄跳びが始まりました。一方は長いロープを使っての大縄跳び。途中で4,5人の二チームに分かれての綱引きからの電車ごっこ。ロープ1本と仲間がいれば遊びは次から次へと変化していきます。

そしてもう一方は、大人も交えての入り跳び。

子供の軽やかさにつられて大人も必死に(!?)リズムよく飛んでゆきます。みんなでうまく跳べたときには思わず拍手!大人も子供も一緒になって大いに笑い久々の一体感を味わいました。

小一時間夢中で遊んでいると辺りもすっかり暗くなり、いよいよおまちかねの花火タイムです。

今回はどんぐりのHくんとDくんが打ち上げ花火に点火してくれてそれを皆で見るというスタイル。。。のはずが見ているうちに中・低学年の子供たちも点火してみたくなり希望者は各家庭の責任の下、一人一つずつ点火することになりました。仲間と花火を楽しみ、素敵な夏の思い出となりました。

 

涼しい風が抜ける夕刻の公園で久々にみなと会うことができ、マスク越しではあったけれども思いっきり遊び、話し、笑い、楽しい時間を過ごすことができて、大人も子供も心がリフレッシュしたのではないかと思います。やっぱり会えるっていいですね。

次週の例会への期待と再会のワクワクを胸に、別れを惜しみながら夜の公園を後にしました。