2020年9月6日(日)合同例会TEAMパフォーマンスラボさんによる「粕尾将一の世界一の縄跳びショータイム」

『TEAMパフォーマンスラボ粕尾将一さんによる縄跳び例会』

 

9月6日(日)の午後尾張旭市東部市民センターにて久々の例会が行われました。

今回は元シルク・ド・ソレイユの演者経験を持つ粕尾将一さんによる縄跳びパフォーマンスを見ました。

13時過ぎ、スーツケース片手に身軽に会場入りされたまっちゃんこと粕尾将一さん。(なぜまっちゃんなのだろう。。。)会場の設営なども一切なく縄跳びと音響のみで創られる今回の舞台。会場はやんやん、はあと、もぐもぐによる装飾とブルーシートの桟敷のみというシンプルなものでした。

受付前の看板も素敵です。

14時20分、会員は受付を済ませて桟敷へ。出だしのちょっとしたハプニングもまっちゃんの機転で笑いにしてくださり、仕切り直してスイミー初のお約束。

その後ショーは始まります。目の前で次々と繰り広げられる難易度の高いコンビネーション技の数々。4重跳び5重跳び、バク転、側転とまっちゃんはダイナミックな技を縄が風を切る音や縄が床を打つ小気味よい音とともに魅せてくれます。途中子供たちを巻き込んでの楽しいやり取りもありました。

その後子供たちのリクエストに応えて身近な跳び方を解説付きで跳んで下さったり、まっちゃんが跳んだ技の名前を当てたりしながら縄跳びの技について楽しく教えていただきました。

まっちゃんは低学年の頃は縄跳びが特別うまかったわけではなかったそうです。小学校3年生の時にたまたま1回だけ跳べた二重跳びが嬉しくてうれしくて、縄跳びが大好きになりそこからコツコツ練習を重ね徐々に大きな大会に出場し遂には世界大会にまで出場することになったそうです。そこでアメリカのシルク・ド・ソレイユから声がかかりアメリカでの生活が始とのことでした。英語も話せない状態から現地にて自身であらゆることをこなすうちに最後は英語で喧嘩までできるようになったそうです。あらゆることの上達やどこでも生きていける自信も原点は『好き』にある。『好き』はすごいことですね。

一通り公演が終わった後は私たちおやこのメンバーも縄跳びを跳んでみることに。

大人も子供もまっちゃんにコツを教えてもらいながら『できたね。』と認めてもらえた時には誇らしげな顔をしていました。

実技を楽しんだ後は質疑応答の時間です。

食べ物の好き嫌いから。技の好き嫌い。シルク・ド・ソレイユ入団を決めた理由等々質問は多岐にわたりました。その中で印象に残ったのは、シルク・ド・ソレイユ入団後の練習時間です。入団後まっちゃんは1日30分しか練習をしなかったそうです。その理由はアメリカのプロの世界では練習する=まだ練習を必要とするレベルにある。とみなされるからだというのです。これには驚きました。日本では練習=向上心があるとみなされるという考えとの違いを感じました。

気さくでユーモアたっぷりのまっちゃんに質問が次々と投げかけられ興味深く楽しい時間を過ごすことができました。

色々と今までと違った生活様式を強いられてどこか疲れもたまっていた折、縄跳びを極めたまっちゃんの素晴らしい演技を生で見られて自らも実際に跳んで汗を流し1つの道を究めることについて楽しくお話を伺えたことは気持ちもスッキリとし、まさにこの時期にぴったりの例会だったと思いました。また子供に色々な『本物』を触れさせる機会をいただけてありがたいなと改めて感じた例会でもありました。

 

2019年11月4日(日)合同例会 岡田音楽事務所さんによる「モテたい症候群」

2019年11月4日 合同例会

岡田健太郎のピアノ弾き語りコンサート 「モテたい症候群」

 

11/4祖母懐公民館にて岡田健太郎さんのピアノ弾き語りコンサートがひらかれました!

あの健太郎さんに会える!子どもも大人もワクワク&ドキドキで迎えた例会です♪

 

さすが中3女子・イルカサークル渾身の看板⁉

素敵な看板を創ってくれました~!

 

 

受付のスイミーサークル

一人ひとりしっかり受付でハンコを押してました!

普段は甘えん坊の子ども達もこの時ばかりは真剣です(^.^)/

 

 

 

 

もぐもぐサークルによるコンサートにピッタリの可愛い装飾♪

 

 

低学年事前で創った読む唄「おやこ劇場&ゆめ」も会場を飾りました

 

 

司会のみにどら・キャッポーサークル

 

司会姿も板についてきました

 

プレゼント係りのダンボサークルから健太郎さんへ

 

 あれれ⁉

恥ずかしいのか走って帰っちゃう~(^_^;)

 

 

お約束係りのやんやんサークル

セリフの紙なしでみんなに伝えるなんて凄~い⁉

 

  

健太郎さんのユーモアあふれる歌詞&ピアノに自然と体が音楽に合わせて揺れてました

子どもだけでなく大人にも共感?できる素敵なコンサートでした♪

  

【例会後の事後交流会】

例会のあとは高学年と健太郎さんとの事後交流会を行いました!

みんなの持ち寄り一品を食べながら健太郎さんの人となりにふれる交流会となりました

歌に込める想いやどうしてこの道を選んだのか…

健太郎さんの語りかける言葉一つ一つが高学年の子ども達にも何かしら伝わったはずだと思います

 

 

 

11月4日(月・祝)合同例会 岡田音楽事務所さんによる「モテたい症候群」

あの癒し系シンガーソングライターの岡田健太郎さんによるピアノ弾き語りコンサート「モテたい症候群」が開催されます!

年頃の男の子の気持ちを歌にした「思春期ソングシリーズ」は思わずクスッと笑ってしまうコンサート!

健太郎さんの人柄にもふれて、音楽ってこんなに楽しい・素敵だって感じるコンサート!

ぜひ一緒に素敵な時間を過ごしませんか・・・

 

11月4日(月・祝)

場所 祖母懐公民館ホール

13時45分開場、14時開演

終演後、健太郎さんとの事後交流会もあります♪

 

 

 

4月21日(日)高学年例会 ポカラの会さんによる「六千人の命のビザ」

4月21日(日)高学年例会「六千人の命のビザ」がありました。

 

会場はマリア幼稚園。初めての会場でドキドキでしたが、ホールはピアノもあり暗幕もバッチリで、広さといい雰囲気といい、この例会としては結果的にとてもよかったと思いました。

まつもとぎんこさんが杉浦千畝さんの奥様として、守光明子さんの重厚なピアノ演奏とともに私たちに語ってくれました。スクリーンに当時の映像や地理説明などを映しながらでしたので、まるでその時代背景が目の前に広がっているような感じでした。そして、事前活動として、例会前に杉浦千畝記念館へ行ったり、DVD鑑賞をして千畝さんについて理解を深めるということをしましたが、この日はすべて奥様の幸子さんの視点での語りだったことが、記念館やDVDだけでは知り得なかった家族としての思いを感じることができたと思います。また、ピアノ演奏に使われた曲というのは、ユダヤ人作曲家ギデオン・クラインがナチの収容所の中で作ったピアノソナタ。なんとも言えない悲しみ・心の叫びが表現されていて、幸子さんの語りに加えて、観ている人の心に突き刺さるように重く響いてきました。

 

 

当日の係の紹介です♪

 

楽屋係(コスモスサークル)

お茶菓子やコーヒーのセッティングをしてくれました。

 

小夜食係(キラスタサークル)

軽食としてお握りと汁物を準備してくれました。カセットコンロも用意してあり、温かいものを召し上がっていただける嬉しい心づかい♬

 

看板係(イルカサークル)

背景のグラデーションといい、全体のデザインといい、芸術的!さすが高校のお姉さんたち♬

受付係(どんぐりサークル)

小5、小6、中1の男子サークル。楽しそうにやってます♪

 

司会係(はあとサークル)

当日の仕込み時間に、控室で一生懸命台詞を考えていました。

しっかりしたもので、6年女子2人はすべて自分たちで流れや言葉を考えて、お互いの分担も決めて本番に臨んでいました。堂々と前に立ち、例会を進行する2人の姿に成長を感じました。

 

プレゼント係(クリドラサークル)

プレゼントの中身は、3月末におやこ劇場高学年のみんなで行った足助屋敷で作った手作りコースターとのこと!

 

アンケート係(イナドラサークル)

デザインがステキです!

 

中3男子T-REXサークルは搬出を担当してくれました。

 

 

 

例会後は対面式で事後交流会を行いました。会場の時間の関係で短時間ではありましたが、質問に対してまつもとさんと守光さんが答えてくださいました。また、例会を観た感想をお話する方もいました。公演直後だからこそ?のストレートな質問に対してひとつひとつ丁寧に答えて下さり、貴重な時間となりました。

 

今の時代において戦争の記憶がうすれていかないために、幸子さんの平和への強い願いが感じられる心に響く例会となりました。ポカラの会さん、ありがとうございまいた!

2019年5月6日(月・祝)低学年例会 想造舎さんによる「ねないこだれだ」

2019年5月12日㈰ スカイワードあさひにおいて

影絵音楽団くぷくぷさんによる【ねないこだれだ】の低学年例会がありました。
昔から読み継がれてきたあのせなけいこさんの『ねないこだれだ』とインドネシ
アの伝統楽器を用いた生演奏のガムラン音楽との融合!!!
・・・ってかそもそもガムラン音楽ってどんなの!?
とよくわかっていない会員もいたりいなかったり!?

よく知ってるお話だけど、それが影絵になること、

未知のガムラン音楽・・・

想像がつくのかつかないのかそれすらわからないまま、
やっぱりワクワクしながら開演を待つことになりました。

例会を見るときはサークルで係りを担当してみんなで例会を作り上げていく楽しさ

も、おやこ劇場ならでは。

会場装飾はキャッポーサークルがしてくれました。

事前交流会の様子やみんなが作ってきた影絵たちも一緒に飾って、雰囲気を盛り

げます。


そして演者さんにおくつろぎいただく大事な楽屋と
小夜食の準備はダンボサークルがしてくれました。
温かいご飯を愛情をこめてその場でにぎにぎ。
そして完成したおにぎりのラッピングでは一目で中身が
わかるようにシールを貼り付けるという心配り、素敵です。
きっとおなかも気持ちも満たされる小夜食でしたね。

さて、いよいよ準備も整い、開場が迫ってきました。

会場に向かうと、入り口には看板が!

この看板を作ってくれたのはスイミーサークル。

子どもたち一人ひとりが思い思いに作ったお化けたちが

例会に参加するみんなを出迎えてくれます。
もぐもぐサークルが例会手帳にスタンプを押してくれます。
1人一回なんて押すほうも押してもらうほうも物足りない…
何回も押してもらう強者も♪
みんながそろったらいよいよ例会の始まりです!
今回の司会はみにどらサークル。
実は初めての司会でドキドキ、緊張気味の面々です。
写真で話しているのはなんとこの日に入会したお友達。
堂々とした話しぶり、あっぱれですね!
司会に促されて、お約束の係のキャッポーサークルも出てきてくれました。
今回は対象サークルが少ないので、みにどらサークルはお約束係も兼任。
みんなで描いた注意書きを見ながら
みんなで一緒にお約束事を確認しました。
心許なげにマイクを持つ子を見守る周りのお兄ちゃん達の
優しい眼差し、たまりません。
そして注意事項の中には『お化けに注意しましょう!』
なんていう文言も・・・!
備えあれば憂いなしです(^曲^)
さぁ!いよいよ開演です!!
ねないこだれだの影絵の他にも
音楽影絵クイズの『これなあに?』と
動物人形劇の『トラとやんちゃなシカ、カンチル』
の上演がありました。

まずは影絵クイズの『これなあに?』
初めて聴く人も多かったガムラン音楽の
それはそれはきれいな音色ときれいな歌声に合わせて、
帽子が亀に、水道の蛇口がヘリコプターに・・・
ジャンルを問わずいろいろなものが
これまたいろいろなものに変身していきました。
幼稚園や保育園に通うような小さい子はもちろん、
小学生になったお兄ちゃんお姉ちゃんまで、
答えがわかると我れ先に!と答える姿はとてもほほえましく、
まだまだかわいい子どもたちでした。
(なんて言ったら怒られるかしら!?)

さていよいよ、ねないだれだが始まります。
『ちょっと怖いけど見てみたい、
いつものお友達と一緒だったらきっと大丈夫!』
の思いでえらんだこの演目。
ついさっきまでの陽気な雰囲気は跡形もなく消え、
同じ楽器なのにこんなに怪しくて怖くなっちゃうの?
と思うほどの息をのむ雰囲気に・・・。
お友達と身を寄せ合ったり、肩に隠れてみたり、
ママのお膝に避難したり…
怖い気持ちを各々抱えながらなんとかごまかしながら、
それでも誰一人泣き出す子はおらず、
目を細め手で顔を覆ってもみていたくなる
不思議な魅力にとりつかれた作品でした。
主人公のゆうちゃんがお化けにされて連れて行かれる時には、
見ている子どもたち全員が一言も声を出せず、
首をすくめ、何とも言えない張りつめた空気に
押しつぶされそうに・・・。
いろんな意味で深く子どもたちの心に響いたようです。

きらきら星のメロディーで気持ちを立て直した子ども達。
最後は、陽気でやんちゃ、とんちのきいた豆ジカのカンチルと
トラの話でした。
こちらはインドネシア・ジャワのの伝統的な手法で
作られた人形劇。
もちろんガムラン音楽の魅力も全開、
登場人物(動物!?)たちも個性豊かで、
とってもにぎやかで楽しいお話でした。
初めて触れる人のほうが多かったガムラン音楽は
とても神秘的で独特の雰囲気とその音色、
そして透き通った歌声と融合してとても美しかったです。
そして美しくも、楽しくも、怪しくも怖くも・・・
さまざまな表情を見せてくれたガムラン音楽、
大人も子どもも多くの人の心をひきつける
とってもステキ☆な音楽でした。

そんなステキな時間を届けてくださったくぷくぷの皆さんに、
感謝の気持ちを込めてお礼のプレゼント。
プレゼントはやんやんサークルが用意してくれました。
手渡した袋の中からみんなにも披露してくださり、
中身は今回の主役お化けをモチーフにしたとてもかわいらしい
手作りカードでした。
贈るほうも受け取るほうも気持ちが満たされるのが
よりうれしいですね!
やんやんサークルはアンケート係も兼任してくれました。
みんなの感想アンケートに書いてもらい、みんなで共有します。
みんなの感想を出し合うことで、
より一層、例会を深く味わいきることができるんですよね〜!
プレゼントの後はそのまま劇団さんとの事後交流会。
みんなを魅了した楽器の数々やカンチルやトラにも
直接触らせていただくことができました。
子どもも大人も興味津々!
楽器を自分で鳴らしてみたり、
素朴な疑問にも快く答えていただき、
へぇ—!と驚いたりそうなんだ!納得したり、
楽しく充実した時間になりました。
ちなみに、カンチルたちは水牛の皮と角(持ち手部分)で
作られているということで、
とても繊細で緻密な模様が切り抜かれたり
描かれているのですが、とても丈夫だそうです。
子どもたちが触っても安心♪
この日は少し遅い時間の例会だったので、
お片付けの間に子どもたちは早目の夕食をとりました。
子どもも大人も年齢も関係なく
気のおけない仲間たちとの食事はいつでも大賑わい。
何でもおいくなっちゃうし、何でも楽しくなっちゃう!
こんな何気ない時間も、積み重なって積み重なって
かけがえのない仲間になっていくんですよね〜!
お片付けも終わってお見送りの時にはみんなで記念写真。
このみんなの笑顔が今回の例会の楽しさを伝えてくれますね。
みんなで作り上げた今回の低学年例会も大成功でした!

音楽と歌声に癒され、笑いありドキドキあり発見あり・・・
あぁ〜なんて楽しくて贅沢な時間だったのでしょう!

影絵音楽団くぷくぷさん、ありがとうございました!

2019年1月14日(月・祝)マーガレット一家による「笑劇☆紙芝居しばい」合同例会

2019年1月14日(月・祝)マーガレット一家による「笑劇☆紙芝居しばい」合同例会

尾張旭・瀬戸おやこ劇場ではすっかりおなじみ、マーガレット一家のたっちゃんと、初登場りさちゃんによる紙芝居「笑劇☆紙芝居しばい」が、尾張旭市のスカイワードあさひにて行われました!


もぐもぐサークルのみんなが、思い思いに作ってきてくれた絵や折り紙で、会場が可愛く飾り付けられました。


楽屋装飾はみにどらサークル。今回の演目の一つ「スモモもモモも桃太郎」のテーマにぴったり。どんぐりサークルさんは、熱々の豚汁などを楽屋に差し入れてくれたそう。


会場入口の看板はダンボサークルさん。クマさんの折り紙は、たっちゃんとりさちゃんをイメージしているのかな?


スイミーサークルさん、みんなでワイワイ、上手にスタンプを押してくれました♪


キャッポーサークルさんの司会で、いよいよ例会が始まります。


お約束係のクリドラサークルさん、一生懸命みんなに伝えてくれました。


はじめのお話は「黄金ハット(バットじゃないよ、ハットだよ)」
冒頭から、みんな、ぐいぐいお話の世界に引き込まれます。たっちゃんとりさちゃんのマジックに、子どもたちは興味津々。ちっとも自分の場所に戻りません(笑)演者さんとの距離が近いのが、おやこ劇場ならでは。


続いて2作目の「パンツはきまショー!!」
たっちゃんとりさちゃんがテンポよく繰り広げる、”くっつくパンツ ひっつくパンツ はっつくパンツ ムカつくパンツ”に、会場はどんどんエキサイト!大爆笑&大盛り上がりで、楽しませていただきました^^


そして最後はお待ちかね、鬼と人間、二人の太郎の物語を二人の紙芝居師が同時進行で演じる、シンクロ紙芝居「スモモもモモも桃太郎」。
一体どんなふうに演じるのか、観るまで全然想像がつかなかったのですが、桃太郎とスモモ太郎の物語が段々とシンクロしていくのが臨場感たっぷりで、次の展開にハラハラドキドキしながら、こどもたちも真剣な表情で見入っていました。


なんとも温かくて、楽しくて、オリジナルで、ちょっとホロリとさせられる、二人の紙芝居の世界。大人もこどももすっかり引き込まれ、笑って笑って、会場は幸せな雰囲気に満ち満ちていました。

終演後、はぁとサークルさんからのプレゼントは、手作りのコースターと似顔絵。おふたりも、思わずこの笑顔♪


この後、引き続き、事後を開催。
事前でのなぞなぞスタンプラリーの答えを、たっちゃんとりさちゃんから発表してもらいました。みんな、どれだけ正解したかな?
そして最後は、お二人から恒例(?)の「恋が生まれるティッシュ」のプレゼントが!りさちゃんのこと、いっぱい褒めたかな?

こいぬサークルさんが用意してくれた、この例会にぴったりの素敵なアンケート用紙。書いた人には、スモモゼリーのおまけつきでした。


今回の例会は、まさに初笑い!
初めましてのりさちゃんが、たっちゃんに負けないくらいパワフルで、ダンスが上手でびっくり!二人の掛け合いは息ぴったりで、今まで以上熱いパフォーマンスを見せてくれました。
たっちゃん、りさちゃん、ありがとうごいました。