4/26~27高学年お泊り会in足助

あすけ里山ユースホステル☆
今年もお世話になります。

 

 

 

 

 

 

 

先ずはこれをしないとはじまりません!
タイヤのり~♪サイコー!!!

 

 

 

 

 

 

 

おもいっきり遊んだ後は、おいしーおいしー夕食タイム♡

 

 

 

 

 

 

 

翌日もまだまだお楽しみ♪
あすけん棒&棒巻きパン!なかなかいい焼き色だね~(^_^)

 

 

 

 

 

二日間ともお天気に恵まれ、一泊でしたがもりだくさんの体験をし、こども達のいろんな様子をみることができました。みんなで、また、いろんな組み合わせで遊んでいましたよ。
大人も足助の自然でリフレッシュできたかな。青木みっちゃんが、はるばる富山からの参加。おやこの絆を強く感じた、とてもうれしいことでした。今度は富山に行くぞ!という大きな楽しみができました。
小川さんご夫妻も、以前、訪れたことがある子達は覚えておられ、また、新しい顔ぶれを喜んでくださり、足助の山で変わらず待っていてくださることをうれしく思いました。
さて、3/24の子ども会議。お泊まり会の目的は?と問いかけたところ、子どもたちから出てきたのは、みんなで楽しむ。みんなの名前を覚える。おとまりのしかたを覚える。楽しむ方法を考える。メイン、肝試しふりかえって、いかがですか?楽しんだことで、楽しんだからこそ、エネルギーを得て、来年はこうしたい!ってことがよりみえてきたんじゃないかなと思いました。

4/22(火)チップとチョコ事前交流会

ひぽぽたあむの永野むつみさんを迎えて事前交流会をしました。
午前は永野むつみさんの講演会。 みっちり2時間むつみさんの話に
引き込まれてしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

自分をコントロールするのはどうやって育つか、
自分を信じる力はどこで育つかを考えて、チップとチョコを観てほしい。

今一番大切なことは何かを考えて、観まもることが大事。

テレビと舞台の違い

など、なるほど!というお話、感動するお話を聞きました。

その後は一品持ち寄りランチ。
とっても豪華なランチになりました。
ランチを食べながら、それぞれの子育ての悩みや疑問を
むつみさんとお話しながら食べました。

午後は、「パペット作りワークショップ」
子どもたちが来る前に材料を並べるお手伝いをしましたが、
たーくさんある材料(色も種類も)を前に、大人がわくわくしてしましまいました。

 

 

 

 

 

 

 

色紙もきれいに並んでとってもすてき♪

 

 

 

 

 

 

 

テープやリボンも選び放題♪

 

 

 

 

 

 

 

いろんな形の型抜きもたーくさん。テンションあがります↑

 

 

 

 

 

 

 

たくさんの子どもたちが来ました。
きれいに並んだたくさんの材料を前に、子どもたちの目がきらきらしていました。
みんな夢中。
お母さんも夢中。

 

 

 

 

 

こんな生き物できたよ!

子どもたちのきらきらした瞳がこころに残るワークショップでした。

4月7日(月)唄がたり日本むかし話(高学年例会)事前交流会

平松千恵子さんをお迎えして、三味線ワークショップと怪
談のお話を聞きました。

 

 

 

 

 

 

 

最初は三味線についてのお話。
三味線ってどんなもの?どんな音がするの?
弦は三本、素材はなあに?
そして楽器本体は皮が貼ってありますが、さて何の皮でしょうか?
最後の質問のさて?の投げかけに、みんな顔を見合わせ考えます。ザワザワする
女の子たち。言ってみてと言われても、違ってるかも、じゃあヒントは…、やっ
ぱりそうかも!とやりとり。でも口に出すのは…
そんな女の子たちの気持ちをくみ取って、平松さんから答えが。
それはなんと猫~。ええ~やっぱり…でも…ゾゾ~

 

 

 

 

 

三味線ワークショップでは3つのグループに分けて、実際に楽器を触り、音を出
してみました。用意してくれた、さくらさくらのさわりの部分の楽譜を見て、弾
き方を教わり、みんななかなかの夢中っぷりでした。

 

 

 

 

 

 

 

さくらさくらが弾けるまで、順番に練習して、ほとんどの子たちが弾けるように
なっていて大人たちはビックリ!予定時間をオーバーしてまで三味線に夢中にな
っていました。
習いたい!欲しい!なんて声も。みんな大満足の様子でした。
怪談はあまり怖くないよ、楽しいものもあるからね、と平松さん。
5月17日の例会がとっても楽しみになりました。

3月21日(金)左手ピアニスト例会

 

左手のピアニスト・智内威雄~ピアノ演奏会+トーク~
於 尾張旭市文化会館・あさひのホール
♪小学生以上の親子で、智内さんのコンサートを楽しみました。

目にも楽しいコンサートにしようと、舞台や客席をたくさんの手作りのお花で
飾りました。イナズマドラゴンサークルの男の子達です。

 

 

 

 

 

プログラムも手作りです。心をこめて書きました。

 

 

 

 

受付嬢は、はあとサークルの女の子達です♡

 

 

 

 

 

 

開演前の軽食に、キラキラスターサークルが瀬戸焼そばドッグとたまごサンドを作りました。

 

 

 

 

 
楽屋もバルーンでかわいく飾り付け☆

 

 

 

 

 

 

左手のピアニスト、智内威雄さん。手元がよくみえるように、スク リーンを用意しました。

 

 

 

 

 

演奏後のプレゼントは、TーREX&パンサーサークルの男の子達の手作りクッキーです。

 

 

 

 

 

この日の司会は、中学生のMKサークル。
コンサートをスムーズに進めるために、言葉を選んでのぞみました。

 

 

 

 

 

会場前の看板です。ダンボサークルの子ども達が、ピアノの絵やカラフルな切り紙で、華やかに飾りました。

 

 

 

 

 

 

 

コンサート終了後、智内さんのサイン会です。CDのジャケットや楽譜にサインをしてもらいました。こいぬサークルがてきぱきと、販売係をこなしました

 

 

 

 

 

中学生の男の子による、看板は智内さんのコンサ ートの雰囲気にあった、とても品の良い作品となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

♪左手だけの演奏は、音の少なさゆえにシンプルに心に響く、

また、音の行間を読む楽しみがある。

目をつむって、ストーリーを思い浮かべながら聴く。

音の静けさを楽しむ。激しい動きの、華やかな曲。などなど。

いろいろな楽曲と、その聴き方を楽しみました。

“心に響く命の音”と評される、智内さんのピアノが心にしみわたった演奏会でした。