2019年1月14日(月・祝)マーガレット一家による「笑劇☆紙芝居しばい」合同例会

2019年1月14日(月・祝)マーガレット一家による「笑劇☆紙芝居しばい」合同例会

尾張旭・瀬戸おやこ劇場ではすっかりおなじみ、マーガレット一家のたっちゃんと、初登場りさちゃんによる紙芝居「笑劇☆紙芝居しばい」が、尾張旭市のスカイワードあさひにて行われました!


もぐもぐサークルのみんなが、思い思いに作ってきてくれた絵や折り紙で、会場が可愛く飾り付けられました。


楽屋装飾はみにどらサークル。今回の演目の一つ「スモモもモモも桃太郎」のテーマにぴったり。どんぐりサークルさんは、熱々の豚汁などを楽屋に差し入れてくれたそう。


会場入口の看板はダンボサークルさん。クマさんの折り紙は、たっちゃんとりさちゃんをイメージしているのかな?


スイミーサークルさん、みんなでワイワイ、上手にスタンプを押してくれました♪


キャッポーサークルさんの司会で、いよいよ例会が始まります。


お約束係のクリドラサークルさん、一生懸命みんなに伝えてくれました。


はじめのお話は「黄金ハット(バットじゃないよ、ハットだよ)」
冒頭から、みんな、ぐいぐいお話の世界に引き込まれます。たっちゃんとりさちゃんのマジックに、子どもたちは興味津々。ちっとも自分の場所に戻りません(笑)演者さんとの距離が近いのが、おやこ劇場ならでは。


続いて2作目の「パンツはきまショー!!」
たっちゃんとりさちゃんがテンポよく繰り広げる、”くっつくパンツ ひっつくパンツ はっつくパンツ ムカつくパンツ”に、会場はどんどんエキサイト!大爆笑&大盛り上がりで、楽しませていただきました^^


そして最後はお待ちかね、鬼と人間、二人の太郎の物語を二人の紙芝居師が同時進行で演じる、シンクロ紙芝居「スモモもモモも桃太郎」。
一体どんなふうに演じるのか、観るまで全然想像がつかなかったのですが、桃太郎とスモモ太郎の物語が段々とシンクロしていくのが臨場感たっぷりで、次の展開にハラハラドキドキしながら、こどもたちも真剣な表情で見入っていました。


なんとも温かくて、楽しくて、オリジナルで、ちょっとホロリとさせられる、二人の紙芝居の世界。大人もこどももすっかり引き込まれ、笑って笑って、会場は幸せな雰囲気に満ち満ちていました。

終演後、はぁとサークルさんからのプレゼントは、手作りのコースターと似顔絵。おふたりも、思わずこの笑顔♪


この後、引き続き、事後を開催。
事前でのなぞなぞスタンプラリーの答えを、たっちゃんとりさちゃんから発表してもらいました。みんな、どれだけ正解したかな?
そして最後は、お二人から恒例(?)の「恋が生まれるティッシュ」のプレゼントが!りさちゃんのこと、いっぱい褒めたかな?

こいぬサークルさんが用意してくれた、この例会にぴったりの素敵なアンケート用紙。書いた人には、スモモゼリーのおまけつきでした。


今回の例会は、まさに初笑い!
初めましてのりさちゃんが、たっちゃんに負けないくらいパワフルで、ダンスが上手でびっくり!二人の掛け合いは息ぴったりで、今まで以上熱いパフォーマンスを見せてくれました。
たっちゃん、りさちゃん、ありがとうごいました。