2019年5月6日(月・祝)低学年例会 想造舎さんによる「ねないこだれだ」

2019年5月12日㈰ スカイワードあさひにおいて

影絵音楽団くぷくぷさんによる【ねないこだれだ】の低学年例会がありました。
昔から読み継がれてきたあのせなけいこさんの『ねないこだれだ』とインドネシ
アの伝統楽器を用いた生演奏のガムラン音楽との融合!!!
・・・ってかそもそもガムラン音楽ってどんなの!?
とよくわかっていない会員もいたりいなかったり!?

よく知ってるお話だけど、それが影絵になること、

未知のガムラン音楽・・・

想像がつくのかつかないのかそれすらわからないまま、
やっぱりワクワクしながら開演を待つことになりました。

例会を見るときはサークルで係りを担当してみんなで例会を作り上げていく楽しさ

も、おやこ劇場ならでは。

会場装飾はキャッポーサークルがしてくれました。

事前交流会の様子やみんなが作ってきた影絵たちも一緒に飾って、雰囲気を盛り

げます。


そして演者さんにおくつろぎいただく大事な楽屋と
小夜食の準備はダンボサークルがしてくれました。
温かいご飯を愛情をこめてその場でにぎにぎ。
そして完成したおにぎりのラッピングでは一目で中身が
わかるようにシールを貼り付けるという心配り、素敵です。
きっとおなかも気持ちも満たされる小夜食でしたね。

さて、いよいよ準備も整い、開場が迫ってきました。

会場に向かうと、入り口には看板が!

この看板を作ってくれたのはスイミーサークル。

子どもたち一人ひとりが思い思いに作ったお化けたちが

例会に参加するみんなを出迎えてくれます。
もぐもぐサークルが例会手帳にスタンプを押してくれます。
1人一回なんて押すほうも押してもらうほうも物足りない…
何回も押してもらう強者も♪
みんながそろったらいよいよ例会の始まりです!
今回の司会はみにどらサークル。
実は初めての司会でドキドキ、緊張気味の面々です。
写真で話しているのはなんとこの日に入会したお友達。
堂々とした話しぶり、あっぱれですね!
司会に促されて、お約束の係のキャッポーサークルも出てきてくれました。
今回は対象サークルが少ないので、みにどらサークルはお約束係も兼任。
みんなで描いた注意書きを見ながら
みんなで一緒にお約束事を確認しました。
心許なげにマイクを持つ子を見守る周りのお兄ちゃん達の
優しい眼差し、たまりません。
そして注意事項の中には『お化けに注意しましょう!』
なんていう文言も・・・!
備えあれば憂いなしです(^曲^)
さぁ!いよいよ開演です!!
ねないこだれだの影絵の他にも
音楽影絵クイズの『これなあに?』と
動物人形劇の『トラとやんちゃなシカ、カンチル』
の上演がありました。

まずは影絵クイズの『これなあに?』
初めて聴く人も多かったガムラン音楽の
それはそれはきれいな音色ときれいな歌声に合わせて、
帽子が亀に、水道の蛇口がヘリコプターに・・・
ジャンルを問わずいろいろなものが
これまたいろいろなものに変身していきました。
幼稚園や保育園に通うような小さい子はもちろん、
小学生になったお兄ちゃんお姉ちゃんまで、
答えがわかると我れ先に!と答える姿はとてもほほえましく、
まだまだかわいい子どもたちでした。
(なんて言ったら怒られるかしら!?)

さていよいよ、ねないだれだが始まります。
『ちょっと怖いけど見てみたい、
いつものお友達と一緒だったらきっと大丈夫!』
の思いでえらんだこの演目。
ついさっきまでの陽気な雰囲気は跡形もなく消え、
同じ楽器なのにこんなに怪しくて怖くなっちゃうの?
と思うほどの息をのむ雰囲気に・・・。
お友達と身を寄せ合ったり、肩に隠れてみたり、
ママのお膝に避難したり…
怖い気持ちを各々抱えながらなんとかごまかしながら、
それでも誰一人泣き出す子はおらず、
目を細め手で顔を覆ってもみていたくなる
不思議な魅力にとりつかれた作品でした。
主人公のゆうちゃんがお化けにされて連れて行かれる時には、
見ている子どもたち全員が一言も声を出せず、
首をすくめ、何とも言えない張りつめた空気に
押しつぶされそうに・・・。
いろんな意味で深く子どもたちの心に響いたようです。

きらきら星のメロディーで気持ちを立て直した子ども達。
最後は、陽気でやんちゃ、とんちのきいた豆ジカのカンチルと
トラの話でした。
こちらはインドネシア・ジャワのの伝統的な手法で
作られた人形劇。
もちろんガムラン音楽の魅力も全開、
登場人物(動物!?)たちも個性豊かで、
とってもにぎやかで楽しいお話でした。
初めて触れる人のほうが多かったガムラン音楽は
とても神秘的で独特の雰囲気とその音色、
そして透き通った歌声と融合してとても美しかったです。
そして美しくも、楽しくも、怪しくも怖くも・・・
さまざまな表情を見せてくれたガムラン音楽、
大人も子どもも多くの人の心をひきつける
とってもステキ☆な音楽でした。

そんなステキな時間を届けてくださったくぷくぷの皆さんに、
感謝の気持ちを込めてお礼のプレゼント。
プレゼントはやんやんサークルが用意してくれました。
手渡した袋の中からみんなにも披露してくださり、
中身は今回の主役お化けをモチーフにしたとてもかわいらしい
手作りカードでした。
贈るほうも受け取るほうも気持ちが満たされるのが
よりうれしいですね!
やんやんサークルはアンケート係も兼任してくれました。
みんなの感想アンケートに書いてもらい、みんなで共有します。
みんなの感想を出し合うことで、
より一層、例会を深く味わいきることができるんですよね〜!
プレゼントの後はそのまま劇団さんとの事後交流会。
みんなを魅了した楽器の数々やカンチルやトラにも
直接触らせていただくことができました。
子どもも大人も興味津々!
楽器を自分で鳴らしてみたり、
素朴な疑問にも快く答えていただき、
へぇ—!と驚いたりそうなんだ!納得したり、
楽しく充実した時間になりました。
ちなみに、カンチルたちは水牛の皮と角(持ち手部分)で
作られているということで、
とても繊細で緻密な模様が切り抜かれたり
描かれているのですが、とても丈夫だそうです。
子どもたちが触っても安心♪
この日は少し遅い時間の例会だったので、
お片付けの間に子どもたちは早目の夕食をとりました。
子どもも大人も年齢も関係なく
気のおけない仲間たちとの食事はいつでも大賑わい。
何でもおいくなっちゃうし、何でも楽しくなっちゃう!
こんな何気ない時間も、積み重なって積み重なって
かけがえのない仲間になっていくんですよね〜!
お片付けも終わってお見送りの時にはみんなで記念写真。
このみんなの笑顔が今回の例会の楽しさを伝えてくれますね。
みんなで作り上げた今回の低学年例会も大成功でした!

音楽と歌声に癒され、笑いありドキドキあり発見あり・・・
あぁ〜なんて楽しくて贅沢な時間だったのでしょう!

影絵音楽団くぷくぷさん、ありがとうございました!

2019年5月6日(月・祝)低学年例会「ねないこだれだ」事前交流会

ゴールデンウィーク最終日の5月6日(月)、低学年例会「ねないこだれだ」の事前交流会をやりました。この例会は、ガムラン音楽と影絵の舞台ということで、実際にサークルごとに影絵やクイズを用意してとても盛り上がりました!

 

受付。

担当のもぐもぐサークルが名簿を見ながら参加者チェック♪

発表順番決め。

司会者とジャンケンをして発表するサークルの順番を決めました♪

いよいよ発表です。トップバッターはもぐもぐ。

1人1人がすきな影絵を作ってきましたよ♪テーマは「町」。その場でお話を作って劇をしました♬

うさぎや蝶々の親子、太陽や月や雲、お話に合わせて上手に動かすことができました♪

もぐもぐメンバーの一年男子のうち1人はずっと照明係さんを担当してくれました。かっこいい♡

裏の様子です♪写真(もぐもぐ裏)

 

次はキャッポー&みにどら。

「みんなのすきランド」というテーマで、映った影絵が何か当てるクイズでした。

色々でてきましたよ~♡ウサギにクマ、コミックのキャラクター等々!

楽しいクイズタイムでした!

 

3番目はダンボ。

1人ずつ好きな道具を持ち寄ってのシルエットあてクイズ!

お題の道具を映し出す向きによって見え方が変わり、だんだんと答えが分かっていく様子が楽しかったですね★

 

4番目はスイミー。

画用紙とセロファンで作った動物当てクイズ&クイズに登場した動物たちが「いぬのおまわりさん」のステキな歌&ピアニカのメロディーにのってみんなで楽しくダンス☆クイズの動物は四角い顔に徐々に耳が付き、ひげがはえて正解に近づくように工夫されていましたよ♪写真(スイミー表)(スイミー裏)

 

最後はやんやん。

2人羽織や、やんやん親子みんなの手を使って像&猫を表現してくれましたね♫

像の鼻の動きもとても上手でした!さすがはお兄さん&お姉さん!一味違った影絵の表現に思わず「おぉ~!」と歓声があがりましたね♪

残りの時間で有志メンバーによる即興のシルエットクイズなども行われとても楽しいひと時となりました。

2019年3月31日(日)~4月1日(月)高学年 足助お泊り会

3月31日~4月1日 高学年で足助ユースホステルに行ってきました。
一日目、子どもたちだけで、電車とバスを乗り継ぎ足助百年草までやってきました。
一日目はあいにくの天気で小雨が降っていましたが、雨のやみ間を見計らって1時間ほどユースホステルまでハイキングをしました。
例年到着してからも元気が有り余る子どもたちは外で遊ぶのですが、今年は天気の都合でホステル内で思い思いにトランプやカードゲームなどをして過ごしました。
いろんな学年、男子女子織り交ざり漫画読書会が始まっていました。
大人は中学生女子ととってもディープな話をしたりして・・・。
中学生っていろんなことを考えて、乗り越えて、こんなにも成長しているんだ・・・って「斜めの関係の大人」としては
とても勉強になりました。
二日目は、各々部活や習い事や勉強があり、早く帰った子たちもいましたが、
残ったメンバーで足助散策をしました。
みんなで山登りをしたり、足助屋敷に行くメンバー、街並みで食べ歩きをするメンバーみんなそれぞれに楽しみました。
クリドラサークルは、次回の例会のプレゼント係なので、足助屋敷で機織り体験をし、プレゼント用のコースターを作りました。
機織り中に、「令和」の元号が発表されたので、あの瞬間は印象的でした。
テレビもインターネットもない環境、子どもも大人も本当に自由に過ごせる時間。
一年間の中で、こんなにも何にも縛られず「自由」に過ごせる時間って、ここでしか味わえないと思う。